呼吸

誘導瞑想

可能性の扉は、体の力を抜くことから開く

人間にとって力を適度に抜く、脱力するというのは 非常に習得が難しくことです。なぜなら、力が入っていることに気づかないからです。ほとんどの人が無意識に緊張し、力が入っている状態が日常化している=普通になってしまっているからです。ですが、力を抜くことを習得すると 可能性の扉がどんどん開いていきます。今回の誘導瞑想は、イメージの力を利用し、体のパーツごとに力を抜いていく誘導瞑想です。緊張している筋肉を氷にみたて、その氷を溶かすイメージをしていくことで、筋肉の緊張をほぐしていきます。
コラム

俯瞰するクセをつける

俯瞰(ふかん)とは、高い所から物事を見下ろすこと、広い視野で全体を把握することをいいます。何かミスをおかし、落ち込んでしまったとき そのミスを起こした自分の一部だけが大きく見えている状態です。自分の不得意な分野だったのかもしれませんし、疲れなどの外的要因があったかもしれません。ですが、わたしたちは 球体のように様々な側面を無数に持っています。それは、自分ですらきがついていないような部分も含めてです。
コラム

ストレスを味方につけて成長していく

ストレスを味方につけるには、まずストレスは敵ではないと知ることからです。ストレス社会といわれるくらい、当たり前にストレ...
知識

ストレスを感じたら10秒以内にすること

ストレスを感じたら、その場で対処するのが大切です。その場でとなると出来ることは限られてしまいます。 でも簡単。深呼吸をするだけです。呼吸が深まれば深まるほど、ストレスからさようなら〜できます。
かみうさ通信

呼吸は大切じゃぞぉ〜。

かみうさじゃ!  呼吸はほんとーーーに大切なのじゃ。分かったかのぉ。呼吸とは見えない世界と見える世界...
タイトルとURLをコピーしました