瞑想の役割

瞑想というと、少し前までは怪しい、宗教?などと思う人も多くいました。
最近では、アスリート、経営者などが 日常的に瞑想をして、結果を残している
ということなどから、瞑想についての認識が改まってきたように感じます。

では、瞑想とは 一体なんなのでしょうか?

瞑想とは、脳波の状態を意図的に変性意識状態=リラックスしている状態にすることです。
それは、脳波的に言えば、アルファ波やシータ波の状態をさします。
私たちが起きている状態のときの脳波はベータ波です。

ベータ波15〜18Hz 起きている状態。肉体の意識。
勉強や肉体運動に良い
アルファ波8〜12Hz軽い瞑想。軽いリラックス。起きていると寝ているの間。ほどよく集中している。誘導瞑想。
シータ波4〜6Hz深い瞑想。アストラルトラベルできる状態。
デルタ波0.5〜2.5Hzとても深い瞑想。昏睡、臨死体験。

アルファ波は、特別な状態ではなく 仕事や趣味、遊びに程よく集中している状態、時間を忘れている状態というのが分かります。
この状態を意図的に作っていくのが、瞑想になります。

また、瞑想には、受動的瞑想と能動的瞑想の2つがあり
受動的瞑想とは、無を目指していきますが、初心者は無という状態を意図的に作り出すことが
難しいので、イデアでお伝えする方法は、能動的瞑想、マインドを使ってイメージすることからはじめ、徐々に慣れていきながら、気づいたら受動的瞑想にシフトするというやり方をしていきます。

瞑想の目的

瞑想とは、意識の移動です。普段 当たり前にやっていることを意識して行う癖をつけることで問題や悩みが生じた時に、パニックにならず 自分や周りを俯瞰し対処する、どんな時も問題に飲み込まれずに自分でいるという状態を作っていくのが目的です。

自分らしくいることの必要性

私たちは、生まれてから 様々なプログラミングをされて生きています。嫌な言葉でいうなら洗脳ですね。しかし、それを望んで地球に来ていることを忘れないでください。

何故でしょうか?

私たちは、自分、社会、ひいては地球を成長させるために生まれています。
そのために、オカシイを体験し、NO!という強さを持つ必要があるのです。

そのために、自分らしさとは違うものをプログラミングされ、生きづらさ苦しさを体験する必要があるのです。そして、そのために選んできた親、友人、知人の脇役のみなさんです。
あなたが最高の体験をするために 主演兼監督としてお願いした配役です。
ですので、タイミングがきたら感謝することができると思いますが、
演じている最中は、その体験を思いっきり演じきってください。

誘導瞑想をご利用ください

イデアは、音声と簡単な動画で誘導瞑想動画を作っています。瞑想が初めての方、どうやったらいいかわからない方は、次のステップにはどうすればいいのかという方は、誘導瞑想をご利用ください。

タイトルとURLをコピーしました