人類の成分と光と闇

人間の体を構成する物質の97%は酸素、窒素、水素、炭素で出来ています。

私たちは、先に挙げた成分をどんどん分解していけば素粒子になります。
ただ、素粒子でないものも入っています。それが闇。

闇がなければ、地球には来られませんでした。
OLD 地球は闇を体験し、データ化するための星として
宇宙から 見守られ、応援されてきた星です。

その量は自分で生まれる前に決めた量を持ってきています。
この量が、意識のステップに書いたタイプによって違います。

沢山もって地球にやってきた人たちは、とても勇敢な魂だと思います。
チャレンジャーかもしれませんし、簡単なことだと考えていたかもしれません。

どのタイプでも一貫して同じことは、「どんなときも光に意識をむけること」なのですが
その難しさがタイプによって違ってきます。

まっすぐ進むタイプ、曲がりくねった道を進むタイプ、寄り道をしながら進むタイプ、
休んでばかりだけど一気に進むタイプと色々な進み方があります。
どんな進み方でも大丈夫です。

でも、明かりがない場所では、明かりをつけましょう。
暗闇で闇雲に進むのではなく、明るい方を歩きましょう。
誰かの明かりを頼りにしても構いません。

情報を知ると、少し簡単だと思いませんか?

知るということは、成長のひとつのステップになります。

一時的に 絶望を味わうことがあっても そこからは這い上がるしかありません。
そして、それは出来ることなのです。

自分が感じる光にフォーカスし続けましょう。

意識がそれても、また戻せばいいだけなのです。

タイトルとURLをコピーしました