可能性の扉は、体の力を抜くことから開く

人間にとって力を適度に抜く、脱力するというのは 非常に習得が難しくことです。なぜなら、力が入っていることに気づかないからです。ほとんどの人が無意識に緊張し、力が入っている状態が日常化している=普通になってしまっているからです。

ですが、力を抜くことを習得すると 可能性の扉がどんどん開いていきます。

今回の誘導瞑想は、イメージの力を利用し、体のパーツごとに力を抜いていく誘導瞑想です。緊張している筋肉を氷にみたて、その氷を溶かすイメージをしていくことで、筋肉の緊張をほぐしていきます。

何度か、動画をみていただいて、流れを覚えた後、ご自身のイメージの力を使って脱力することを身につけていってください。

ONOFFが苦手な方、眠りが浅い方や寝付けない方にもとても有効です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました